チームフロンティア鈴鹿8耐参戦結果報告

鈴鹿8耐でのチームフロンティアの応援ありがとうございました。

・レース名:コカコーラゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース
・日程:7/28(木)-31(日)
・場所:鈴鹿サーキット
・チーム名:チームフロンティア#96
・ライダー:徳留和樹、小山知良、岩田悟、山田誓己
・チーム監督:上田昇
・チーム総監督:黒岩唯一

レース結果

・成績:予選 20位、決勝20位(完走)
・周回数:208周

決勝レースレポート


小山の参加により、7月のテストで飛躍的にチーム力が向上し、十分なマシン調整が完了した状態で決勝を迎えることができた。
しかし、決勝当日のフリー走行で、リヤスイングアームのヒビが発覚。スタートまでの残り少ない時間で修復作業を行った。
11:30決勝スタート、第1ライダーは徳留。順調なスタートながら集団の中での難しい位置取りに苦労し、一時29番手あたりまで順位を落とす。しかし、落ち着いた走りで、じわじわと順位をあげ、19位までポジションを戻した。その後、岩田選手、小山選手も安定した走りを続け、13~15位前後のポジションをキープ。
14:20頃、マシントラブルが発生し73周回でピットイン。マシン修復作業に時間がかかり、順位は27位まで後退。ライダー全員でこの遅れを取り戻すべく猛チャージをしかけ、シード権獲得の20位近くまで順位を回復。
以降、一進一退の攻防を繰り返す熾烈な20位争いとなり、200週目で20位にポジションアップし、そのままフィニッシュ。208周、完走を果たすことができた。

上田監督コメント

今年はライダーに恵まれたおかげで、昨年に比べ、チーム力は格段に向上しました。
また、テスト段階から、今できる最善のマシン作りができたと思います。
しかし、ベテランライダーをこれだけ揃えておきながら、正直、胸の張れない結果となってしまいました。
来年に向けては、今回の反省を元に、さらに上を目指せるチーム作りを進めていきます。

黒岩総監督コメント

今年は、ライダーも充実させることができ、チームの目標であった”ファンをワクワクさせる走り”に一歩近づけたのではないかと思っています。
来年は必ずやTOP10に食い込める様、さらなるチーム強化に臨みます。今後も応援よろしくお願いいたします。

Copyright 2017 Team NOBBY